くらし情報『樽美酒研二、ヤクルト戦始球式でワンバン投球 凹む姿公開&リベンジ誓う』

樽美酒研二、ヤクルト戦始球式でワンバン投球 凹む姿公開&リベンジ誓う

2018年4月5日 14:54
 

関連リンク

・『手塚治虫文化賞』矢部太郎、今後も大家さんと同居誓う “8コマ”提案の担当編集にも感謝
・市川海老蔵、長男・勸玄くんの麻央さんゆずりの一面明かす「麻央の血」
・Eテレ『Rの法則』公式ツイッター、全投稿を削除 TOKIO山口の送検受け放送中止


アメーバニュース

エアーバンド・ゴールデンボンバーのメンバーである樽美酒研二が、4日に自身のアメブロを更新。神宮での始球式を振り返っている。

樽美酒は、4日に明治神宮野球場で開かれたヤクルト対カープの始球式に登場。実はプロ野球選手になるのが幼少期からの夢であり、スポーツ強豪高校に推薦で入学するほどの野球の腕前として知られる樽美酒だが、当日はワンバン投球。始球式後に更新したブログでは「最悪…」という短いタイトルで、「普通に凹む。。 あぁ泣きそう。。」というコメントを添え、膝を抱えて野球ボールをみつめる写真を掲載した。

ファンから「いくら野球が上手い研二さんでも、あんな緊張する場面で、たった1球に全てを込めるのは難しいよ~」「ワンバンは悔しいかもしれないけど、おぉ!ってスワローズ ファンの人声あげてたよ!」「研二さん、ドンマイ!」と励ましの声が寄せられるなか、樽美酒は続けて「やけ酒…始球式ダメだったから」というタイトルのブログを更新。

“やけ酒”は「冗談」と注釈をつけつつ、樽美酒は「お仕事終えたので軽く一杯♪これ野球観戦の醍醐味っす」として、観戦モードに入ったことを報告。結果はヤクルトの勝利で、樽美酒は自分が始球式をすると、そのホームチームが勝利をあげるのはこれで3件めであることを明かし、「樽美酒研二始球式するとホームのチームは勝つという勝手なジンクス笑」と喜んだ。

しかしその一方で、「てか、始球式だけの登場だったのに観にきてくださった方が沢山いらって。。心強いそれであの投球、、あぁマジ凹むっす。。笑」「でも始球式はたった一球の短い時間ですが、1回1回とても大切にしています だって野球が大好きだから♪でも、それであの投球、、あぁ凹みの助ぇ~。。」と、まだワンバンのダメージは拭えない様子で、何度も膝を抱えた写真を掲載。「いやいや!冗談はさておいて、ホント始球式は格別に幸せな時間っす!またお呼ばれされるといいですねっ」とリベンジを誓っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.