くらし情報『“市川海老蔵”として最後の舞台稽古を子ども達が鑑賞「本当に嬉しいです」』

2019年11月5日 16:12

“市川海老蔵”として最後の舞台稽古を子ども達が鑑賞「本当に嬉しいです」

“市川海老蔵”として最後の舞台稽古を子ども達が鑑賞「本当に嬉しいです」


アメーバニュース

歌舞伎俳優の市川海老蔵が4日と5日に自身のアメブロを更新。自身の襲名前最後となる公演“市川海老蔵 第五回自主公演ABKAI2019~第1章FINAL~『SANEMORI』”の公開稽古を、息子・勸玄くんと娘・麗禾ちゃんが鑑賞したことを報告した。

2020年の5月、6月、7月歌舞伎座で、十三代目市川團十郎白猿を襲名することが決定している海老蔵。この日、外出の支度をする勸玄くんと麗禾ちゃんの様子を公開し、「今日は見るらしい」と説明。続けて自身の化粧姿を公開し、「ゲネプロですね」と補足した。2人は「寝ずに見たみたい」といい、「麗禾は昨日との違いを楽しんだらしいです。勸玄も楽しかったと」と説明。「子供達が楽しいというのは 本当に嬉しいです」と感想を述べた。

海老蔵は2013年から始めた自主公演『ABKAI』について「今でこそこんなに注目してもらってますが自主公演なんです」と述べ、「第一回目は大道具も飾れず何もない中で頑張りました」と回想。「今回は歌舞伎の古典も出来 ジャニーズの方々にも出演してもらい 歌舞伎からは右團次さんに児太郎君と出演してもらえるまでになったのも ひとえに応援してくださる皆さまのお陰です!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.