くらし情報『17歳になった加藤清史郎、市川海老蔵・中村獅童から3年越しの「家宝」を送られる』

2018年8月5日 16:45

17歳になった加藤清史郎、市川海老蔵・中村獅童から3年越しの「家宝」を送られる

17歳になった加藤清史郎、市川海老蔵・中村獅童から3年越しの「家宝」を送られる


アメーバニュース

俳優の加藤清史郎が、4日に自身のアメブロを更新。17歳の誕生日を迎えたことを報告した。加藤は2009年に放送された大河ドラマ「天地人」(NHK)で樋口与六役を演じ話題となり、同年4月から放送されたトヨタ自動車のCMで「こども店長」役で出演し、人気子役として注目を集めていた。

加藤は、「いつも加藤清史郎の応援をありがとうございます!本日、8月4日で17歳になりました!」と誕生日を迎えたことを報告し、続けて「こちらは、以前に出演させていただいた六本木歌舞伎の時の押隈です!清史郎が『家宝にしたい』とお願いしたものを、先日、獅童さんが、額装して送ってくれました!」と、歌舞伎俳優の市川海老蔵中村獅童、そして自身の3人のサインが入った“押隈”の写真を公開した。

押隈とは、隈取りをした役者が役を終えたあと、ヌメ(襦子織りの絹布の一種)に取る顔拓のことをいう。

それから加藤は、押隈を取った際の動画も公開し、一点物だと感激の様子であった。この押隈は3年越しに贈られてきたもので、海老蔵も今年始めのブログで、3年間サインするのを忘れていたことを明かし、「本当にごめん。」と加藤にお詫びしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.