くらし情報『みきママ、中3息子の話し方を指導「親に向かってなめたことを言う」』

2019年6月5日 15:19

みきママ、中3息子の話し方を指導「親に向かってなめたことを言う」

みきママ、中3息子の話し方を指導「親に向かってなめたことを言う」


アメーバニュース

おうち料理研究家のみきママが4日に更新した自身のアメブロで、“はる兄”こと、現在中学3年生の長男の話し方の特訓をしたことを明かした。

みきママは5月30日に更新したブログでも、長男の話し方の特訓をしたことを明かしており「別の言葉に言い換えてごらん。相手に嫌な気持ちを与えないように言ってごらん」と、言い換えることで印象を良くする方法を長男に考えさせたと説明していた。

この日、みきママは長男の写真とともに、再度「最近の話し方がひどい。「行ってきます」は、「ぎゃす。」「ただいま」は、「トライ。」だってさ」と説明。さらに口癖が「暇かー」と明かし、「ちょっとゆっくりしていると暇なのか?と親に向かってなめたことを言う」とつづった。

そこでみきママは再度「別の言葉に言い換えてごらん」「相手に不快な思いをさせないように、自分の意見を伝える練習をしよう」と伝えたといい、「10か月後には高校受験。内申点はテストだけじゃない。話し方、態度、改めて行こう」と諭した様子。

すると長男はしばらくしてから「人生にゆとりがあって楽しそうですね。あまり急ぎすぎないことも大切ですよね。そんなことを僕に教えてくださりありがとうございます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.