くらし情報『だいたひかる、抗がん剤治療の前に用意したほうが良いものを紹介「一緒に長生き目指しましょう」』

2019年10月4日 18:02

だいたひかる、抗がん剤治療の前に用意したほうが良いものを紹介「一緒に長生き目指しましょう」

だいたひかる、抗がん剤治療の前に用意したほうが良いものを紹介「一緒に長生き目指しましょう」


アメーバニュース

お笑いタレントのだいたひかるが3日に更新した自身のアメブロで、読者からの質問に答える形で、抗がん剤治療の前に用意したほうが良いものを紹介した。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

この日だいたは、乳がんの手術日を迎え、これから抗がん剤治療が始まるため用意しておいたほうが良いものがあれば教えてほしいという読者の声に対して、ウィッグ、マスク、ペットボトル用ストローやボディーシートなど、自身の経験上役に立ったものをその理由とともに丁寧に紹介。

また、抗がん剤治療への心構えについて「私はガンをやっつけてくれる自衛隊だと思って挑んでいましたよ!」とつづり、「自衛隊を送りこんで、一緒に長生き目指しましょう!」と読者を励まし、ブログを締めくくった。

だいたのこの投稿に読者からは「抗がん剤を自衛隊って思うのいいですね!」という声や、抗がん剤治療経験者と思しき読者からは「抜け毛が散らかるのを防止に、使い捨てのシャワーキャップみたいの用意しました」「家で被る帽子は、タオルで手作りしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.