くらし情報『だいたひかる、乳がんが見つかった検診「正直言うと…」』

2020年1月7日 18:11

だいたひかる、乳がんが見つかった検診「正直言うと…」

だいたひかる、乳がんが見つかった検診「正直言うと…」


アメーバニュース

お笑いタレントのだいたひかるが6日に更新した自身のアメブロで、乳がんが見つかった検診を振り返った。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、昨年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

この日、だいたは「病気との付き合い方と対策」というタイトルでブログを更新。「私は偶々2016年に受けた触診で、乳がんが見つかり…」「正直言うと…症状はなく、具合の悪い日もなく…なのに検診を受けたら乳がんでした」と検診を受けた当時は自覚症状が無かったと明かした。

そのため、「手術で傷口が痛いとか、抗がん剤でダルいとか…病気そのものの症状より、治療の痛みでしか病気を感じていないのですが…」と述べつつ「これがガンの怖いところであり、検査すれば阻止できる、手段のある良い所でもあります!」とつづった。

その後、更新したブログでは「2016年の手帳を開いたら、4年前の今日1月6日に検査していました!」と開いた手帳の写真を公開し「何でもない日が分岐点になるんですね」と楽しそうにコメント。

続けて、マンモグラフィー検診のときに「貧血っぽくなって…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.