くらし情報『野沢直子、アメリカで“惜しい”日本語を発見「日本人の目から見ると、え?」』

2019年9月5日 12:19

野沢直子、アメリカで“惜しい”日本語を発見「日本人の目から見ると、え?」

野沢直子、アメリカで“惜しい”日本語を発見「日本人の目から見ると、え?」


アメーバニュース

アメリカを生活の拠点にしているお笑いタレントの野沢直子が4日に自身のアメブロを更新。ダウンタウンでの買い物についてつづった。

この日「日本からサンフランシスコに帰ってきて、あっという間に一週間」と報告した野沢は、アメリカ合衆国の祝日である“レイバー・デー”があり3連休だったことからセールを目的にダウンタウンを訪れた様子。

ダウンタウンでは、「最近、日本語流行りで、Tシャツとかにカタカナとか漢字でなんか書いてあるのとか多いんですが、日本人の目から見ると、え?とか、あれ??ていう日本語が多く」と明かし、“過去現在将来”とプリントされた服を写真で公開。「うーん、、、惜しい。未来、、、じゃないの、、将来。中国語なの、、、??」とコメントし、「でも、、なんか、、過去、現在、将来、語呂が軽くすってーん笑」とつづった。

また「気を取り直して、色々歩き回って、、これ、衝動買いしたったー」とパイナップルの形をしたまな板を写真で公開、「うちに持って帰ってきて、キッチンに置いてみて、改めてかわええ」と大満足の様子でブログを締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.