くらし情報『西銘駿、『未解決の女』で刑事役に初挑戦 鈴木京香、波瑠ら豪華共演者に「冷や汗が出てます」』

西銘駿、『未解決の女』で刑事役に初挑戦 鈴木京香、波瑠ら豪華共演者に「冷や汗が出てます」

2018年4月6日 16:57
 

関連リンク

・カズレーザー、同志社大学1日学長就任で強権発動 学校来ないテニサーを「退学させる」
・神田沙也加、菊田一夫演劇賞で涙のスピーチ「自分で選んだ大好きな道」
・叶美香、大胆な“魔法使い”コスプレ披露「セクシーな体操着というテーマ」


アメーバニュース

オスカープロモーション所属の男性エンターテインメント集団「男劇団青山表参道X」のメンバーで俳優の西銘駿が、4月19日スタートの木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系)に刑事役で出演することがわかった。

『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査していく新感覚の爽快ミステリー。西銘は未解決事件を捜査する「特命捜査対策室」第2係に所属する25歳の刑事・吉田治郎を演じる。

自身にとって初となる刑事役について西銘は、「刑事役はやってみたかった役のひとつで、すごくワクワクしました。刑事の所作はこれまで演じてきた役どころと全然違いますし、お芝居の幅もすごく広がって、自分自身も成長できるはず。これからの撮影が本当に楽しみです」と期待を寄せた。

また、上司役である俳優・沢村一樹以外の出演者とは初共演という環境について「緊張して、気軽に挨拶していいのかも分からない状態で、冷や汗が出てますが(笑)」と明かすも、「フレッシュさで視聴者の皆さんを癒せるよう、まだお坊ちゃんというか、ゆとりが抜けてないような“等身大の刑事”を表現しながら、刑事魂を開眼させます!」と意気込んだ。

『未解決の女 警視庁文書捜査官』は、2018年4月19日より毎週木曜日21:00~21:54放送。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.