くらし情報『上原さくら、“悲惨”だった正月を報告「お節料理を何ひとつ食べていない」』

2020年1月8日 11:59

上原さくら、“悲惨”だった正月を報告「お節料理を何ひとつ食べていない」

上原さくら、“悲惨”だった正月を報告「お節料理を何ひとつ食べていない」


アメーバニュース

タレントの上原さくらが7日に自身のアメブロを更新。現在の体調について報告した。

上原は1月4日のブログで元旦から「なんとインフルエンザA型に感染してしまい、入院してました」と報告。救急車で病院に向かったところ「インフルエンザA型」と判明したといい、「こんな状態で帰らない方が良い」という医師の判断で「着の身着のまま入院しました」と説明していた。

この日、上原は「たくさんのお見舞いメッセージありがとうございます」と読者に感謝を述べたうえで、「なんとも悲惨なお正月になってしまいましたが、お陰様で日毎に元気になってきました」と報告。熱は下がったものの、咳は続いているといい「不本意ながら腹筋24時間酷使中。咳込むのって、かなりのパワーを使うようですよね。けっこう疲れるの」とつづった。

上原は「お節料理を何ひとつ食べていないのが心残り」だといい、「なのでお雑煮くらいは作ろうかなと思っていますが、週末あたり、地元の友達は私の遅れてきたお正月に付き合ってくれそうかしら」とコメント。続けて「この1週間なんの写真も撮れていないので、去年の大晦日の年越し蕎麦パーティーで載せきれなかった美味しかったご飯をご紹介させていただきます」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.