くらし情報『林家たい平、逝去した父親が仕立てた礼服に「日本一のテーラーだったと思います」』

2019年7月5日 15:14

林家たい平、逝去した父親が仕立てた礼服に「日本一のテーラーだったと思います」

林家たい平、逝去した父親が仕立てた礼服に「日本一のテーラーだったと思います」


アメーバニュース

落語家の林家たい平が3日に自身のアメブロを更新。実父が逝去したことを報告し、思い出をつづった。

この日、たい平は「昨日、父が荼毘に付され 虹の橋を渡って行きました 86歳でした」と報告。最期の瞬間には自身も含め兄弟達も間に合わなかったことを明かすも、「すごくいい顔をしていたのが救いです 天寿を全うしたと思っています」「お父さんと出会えて本当によかったです」とつづった。

テーラーを営んでいた父親について、「針ひとすじに生きた父でした」「仕事に誇りを持ち、働き者でオシャレで子煩悩で笑顔が似合う父でした」と振り返り、「笑点ジャンバーがお気に入りで ベレー帽がトレードマーク」と生前の父親の写真を公開。「《喜びを作る》と書いて、喜作」と父親の名前を紹介し、「これからも父の意思を継いでたくさんの人の喜びを作るお手伝いをしていきたいと思います!」と述べた。

翌日に更新したブログでは、「もう少しだけお付き合いください」と父親との思い出を紹介。「今みたいに既製品の安価なスーツがない時代 男のスーツ(背広)はテーラーで。ですから、忙しくて忙しくて 両親が寝ているのを、子供の頃 見たことがありませんでした」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.