くらし情報『花田優一、タキシード姿で自身の個展へ「作品が手元を離れると、途端に製作意欲は出てくるもので」』

2019年7月5日 17:00

花田優一、タキシード姿で自身の個展へ「作品が手元を離れると、途端に製作意欲は出てくるもので」

花田優一、タキシード姿で自身の個展へ「作品が手元を離れると、途端に製作意欲は出てくるもので」


アメーバニュース

元貴乃花親方・花田光司さんの長男で靴職人の花田優一が3日、自身のアメブロを更新。タキシード姿を公開した。

7月4日から7月10日まで東京・銀座のGINZA SIX内にある『Artglorieux GALLERY OF TOKYO』で自身の個展『花田優一展 -Something New-』が開催されるにあたり、花田は「お待ちしております」とタキシード姿で絵の前に佇む写真を公開。

続けて初日となる4日には、「本日より花田優一個展something new始まります!今日は花田も在廊しております。お待ちしております!!」と、画廊を歩く自身の姿とともにアピール。「絵の前にいると靴か恋しくなったり 靴の前だと絵描きたくなったり結局なんかしてるということでして。。」(原文ママ)とコメントした。

「ちなみに本日は作品をお客様に見ていただくという日です。作って終わり。ではないのでね 作品を次に繋いでいただく方に出会い、お渡しするのも大切な仕事の内です」と述べ、「作品が手元を離れると、途端に製作意欲は出てくるもので不思議不思議摩訶不思議」とつづった。

これらの投稿に「頑張って!」「ふうーーー!格好いいねぇ!素敵!!」「絵もめっちゃいいわ!」などのコメントが寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.