くらし情報『鈴木おさむ、平成の思い出を振り感謝「SMAPとのお仕事は刺激的で僕を成長させてくれました」』

2019年5月1日 17:38

鈴木おさむ、平成の思い出を振り感謝「SMAPとのお仕事は刺激的で僕を成長させてくれました」

鈴木おさむ、平成の思い出を振り感謝「SMAPとのお仕事は刺激的で僕を成長させてくれました」


アメーバニュース

放送作家の鈴木おさむが30日に自身のアメブロを更新。平成の思い出を振り返った。

この日、鈴木は「平成終わるってよ??」というタイトルでブログを更新。「今日は平成最後の日ですね。平成元年。1989年。僕は高校2年生でした。高校2年と言うのは僕にとってとても大事な年で。この年に、放送作家になりたい!と強く思ったのを覚えています。」と振り返った。

続けて、「あれから30年とちょっと。」前に、「放送作家になりたいと強く思って東京来て。明治学院大学入ったけど、放送作家になりたくてこの世界に入り。最初の仕事が、槇原敬之さんのオールナイトニッポンでした。」と明かし、「そんな槇原さんは平成を代表する曲を残し。それを歌ったSMAPと平成の時代に沢山沢山お仕事させてもらうなんて。平成元年の僕は知る由もなく。平成の間に、色んなタレントさん、芸人さんとお仕事させてもらいましたが。やはり。SMAPとのお仕事は刺激的で僕を成長させてくれました。」とつづった。

また、鈴木は「そして今日。平成最後の日に。AbemaTVで、新しい地図のみなさんと、元号をこえて、番組を一緒に作れているという。なんとも感慨深く。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.