くらし情報『『R-1ぐらんぷり』優勝、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎を絶賛 つかみが「秀逸」』

『R-1ぐらんぷり』優勝、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎を絶賛 つかみが「秀逸」

2018年3月7日 11:57
 

『R-1ぐらんぷり』優勝、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎を絶賛 つかみが「秀逸」


アメーバニュース

お笑い芸人のたかまつななが6日に自身のアメブロを更新。『R-1ぐらんぷり2018』で優勝を飾った、全盲に近い弱視の漫談家・濱田祐太郎を絶賛した。

自身も『R-1ぐらんぷり2018』に出場しており、また濱田とは同期になるというたかまつは、「3795人の中からチャンピオンになるのは本当に難しいです。おめでとうございます」と濱田の栄光を讃えたうえで、「プレイヤーなのに、お笑い批評家みたいで、なんか恥ずかしいのですが ちょっと私たちがこの件から考えた方がいいと思うことがある」と自身の考えをつづった。

たかまつは、高学歴でお嬢様というキャラクターでお笑い芸人として活動する一方で、2016年には「政治をもっと身近に感じてほしい」という思いから笑下村塾という会社を立ち上げ、全国各地で出張授業を行うなどの活動を行ってきた。昨年にはNHKから内定をもらい、来年度からはNHKのディレクターとして働くことも決定している。

たかまつは濱田の笑いを、障がい者をテーマにしたバラエティ番組『NHK バリバラ』と比較。濱田と違う点として、バリバラは視聴者が引いてしまい「笑えない」という見解を述べた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.