くらし情報『「抱かれたくないのはいいけど、嫌いって言うのはダメ」愛され芸人・出川哲朗の信念』

「抱かれたくないのはいいけど、嫌いって言うのはダメ」愛され芸人・出川哲朗の信念

2018年3月7日 17:12
 

関連リンク

・佐藤アツヒロ、舞台『ロマサガ2』で演出初挑戦 「錦織一清さんから背中を押された」
・サンド・富澤、『キャプテン翼』に再登場し大喜び「ま、また、いるっ!!」
・川口春奈「大谷翔平の試合を観戦」でアプローチ開始か
「抱かれたくないのはいいけど、嫌いって言うのはダメ」愛され芸人・出川哲朗の信念


アメーバニュース

お笑いタレントのふかわりょうが7日、自身のアメブロで、タレントの出川哲朗と遭遇したエピソードを明かし、出川の思い出を振り返った。

誰もいない地下のロビーで、数年ぶりに出川と会ったというふかわ。「すっかり、国民のアイドルになりましたね」と声をかけたところ、「いやぁ、別に俺は何も変わってないんだけどね」と笑って返事をされたという。ふかわは「確かに何も変わっていない。昔から芸人さんの間では愛されていて、彼を悪く言う人なんていませんでした」とつづった。

ふかわは、かつて『抱かれたくない男ランキング』の常連だった出川の「抱かれたくないのはいいけど、嫌いって言うのはダメなんだよ」という台詞を紹介し、その理由を「嫌いっていうのは、笑いに繋がらないんだよ」と出川の言葉で説明。そのため、出川にとって「嫌いな芸人」の1位は本望ではなく、「後輩の我々からすれば、本当に嫌っている人なんていないと思っていましたが、彼はしきりに気にしていました」と当時を振り返った。

ふかわは15年ほど前に「ポスト出川は、お前だからな」と出川に言われたことを明かし、「どこまで本気だったかわかりませんが、なんと言うか、身体中に電流が走るような感覚がありました」とコメント。その言葉を光栄に思う一方で、「恐れ多いと言うか、あまりに大役すぎるし、やすやすと担えるものではありません」「やはり、「ポスト出川」と言うポジションは誰にも担えないのだと思います」と述べた。

現在の出川について「バラエティー番組はもちろん、多数のCMにも起用され、「嫌い」どころか、もはや「ゆるキャラ」のように老若男女、国民に愛される存在になりました」とつづったふかわ。迎えの車がきた出川に「今日はもう終わりですか?」と聞いたところ「これから海外だよ」と「日曜のお茶の間に笑顔を届ける仕事」に出かけていったといい、「確かに、何も変わっていない。きっと、これからも変わらないのでしょう」と締めくくった。

この投稿に「本当にそうですね。唯一無二の存在」「笑いの神様がもしいるなら出川さんはどんな時でも愛されてますよね!」「忙しい日々のなかでも、ときにこんな穏やかな言葉を綴れるエッセイストなふかわさん大好きです」などのコメントが寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.