くらし情報『だいたひかる、1番具合が悪かった時期を回想「ほぼ寝たきりに近くて」』

2021年7月7日 12:22

だいたひかる、1番具合が悪かった時期を回想「ほぼ寝たきりに近くて」

だいたひかる、1番具合が悪かった時期を回想「ほぼ寝たきりに近くて」


アメーバニュース

お笑いタレントのだいたひかるが6日に自身のアメブロを更新。1番具合が悪かった時期を振り返った。

だいたは、5月21日のブログで「おかげさまで妊娠していました」「今3週と5日だそうで、普通妊娠なら気付かないレベルの初期ですが…受精卵がしがみついて着床してくれました!」と妊娠したことを報告。7月5日には妊婦健診を受けたことを明かし、胎児について「大きくなっていました!」と報告。「心拍も今までのピコピコというより、カニが泡を吹いているような写りでしたが…『心拍もしっかりしていて大きさも順調です』と言っていただきました!」と説明していた。

この日は「今日は眠いのと食欲が無かったのと、舌が苦々しい以外は…悩みの種の頭痛も無く怠さは以前よりは軽くなりました!」と自身の体調について明かし、「ただ太ったのか!?身体が重いです」と補足した。

続けて「今の所を振り返ると、一番具合が悪かったのは…何故か!?着床の頃でした」と振り返り、「移植してから一週間で判定だったのですが、ほぼ寝たきりに近くて…テレビの音も嫌になり、怠くて何もする気になれませんでした」と当時を回想。「それに比べると、今は頻尿が心配な位でと言っても頻尿も大変ですね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.