くらし情報『「元彼を特別視するな!」噂の恋愛マスター芸人・くじらが答える恋のお悩みTOP3』

「元彼を特別視するな!」噂の恋愛マスター芸人・くじらが答える恋のお悩みTOP3

2018年4月9日 10:59
 

関連リンク

・ブルゾンちえみ、一人旅でイタリアへ「本当に行って良かった」
・あふれるゴミ「羽生結弦祝賀パレード」称賛の裏で起きていたこと
・三遊亭好の助、真打昇進も複雑心境 九蔵襲名騒動で「この野郎と思うことも…」


アメーバニュース

大切なのは「幸せを相手に委ねず、自分軸で恋愛をすること。それがこの本のコンセプトです」。そう語るのは3月に自身の恋愛指南書を出版した恋愛マスターのくじら。フジテレビ系バラエティ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』の人気企画「細かすぎて伝わらないモノマネ」で、プロ釣り師のモノマネなどを披露し、マニアック芸人として知られる彼だが、ここ最近はアメブロをはじめ、SNSでの恋愛相談が話題となりLINE@の登録数はなんと6000人超え。また、今年の6月には美人と噂の奥様「かい」さんとめでたく入籍し、公私ともに充実のご様子。なぜ彼はそこまで女性の心を掴めるのか……?誰もが一度は頭を抱えたことがあるであろう“恋のお悩み”の解決策を、改めて恋愛マスター・くじらに教えてもらった。きっと、前向きになれるヒントが見つかるはず。

◆「君はモテないんじゃない、フラれてないだけだ」

ー恋愛マスターになったきっかけはなんだったのですか?

くじら:最初は芸人仲間たちとの飲みの席で「くじらさんってよく恋愛の話するよね〜」って言われて。じゃあツイッターで恋愛相談やってみようかなってなったんです。ただ、最初は冷やかしとかイジりみたいな相談ばっかり(笑)。でも、それに対してボケるのもつまらない気がして、どんな相談でも真剣に答えるようにしていました。続けていくうちに、「意外と的を得てる」ってどんどん広がっていって、本気で相談をしてくれる人が増えていったんです。そこからツイッターだけだったのが、自分のことは知られずに相談したいって人も出てきたので、ブログLINE@なども開設し、ついにそれが本になったという流れですね。

ーよく「芸人の嫁は美人」と言いますが、奥様のかいさん(奥様のお名前)もとてもお綺麗な方ですよね。ハートを射止めるためのテクニックなんてあるんですか?

くじら:とにかく最初に一回「フラれとけ」って思います。「モテないんだよね」と言う人多いですけど、それはただ単にフラれていないだけ。10人告白して5人成功する人もいれば、1人しか成功しない人もいる。100人告白して1人しかうまくいかない人もいるかもしれないけど、自分自身でその確率を把握することが大事。だってそれは、自分の確率だからどうしようもない。だから、100人に1人しか無理なら1000人だったら10人になるし、極端な話、1万人なら100人の中から選べるわけですよね。

ーちなみに悩みが多いTOP3ってあったりするんですか?

くじら:好きな人がいるんだけど、なかなか思いを伝えられないって悩みは一番多いかな。自分で勝手に思いを募らせちゃうタイプですよね。そういう時間すらもオレは無駄だと思う。すぐ会って、好きだって伝えるべきです。あとは、不倫の話も多い。誰にも相談できないからでしょうね。意外と多いなあと思うのは、元彼を忘れられないって人。オレは、元彼なんか特別視するな!元彼なんてどこにでもいる地球のエキストラだ!と言っています。よく女性の恋愛は上書き保存って言うけど、忘れられない人結構いるみたいですね。

◆あなたに時間を割いてくれない人は、絶対にあなたのことを好きじゃない!

ーくじらさん的に“こんな男とは付き合うな”という定義はありますか?

くじら:誠意っていうのは、言動じゃなくて行動に現れるものだと思っています。だから、自分に対して時間を割いてくれない男はやめておいたほうがいい。「会いたいよ」「好きだよ」なんて簡単に言えるけど、全然時間を作ってくれないのは絶対にその人のこと好きじゃないと思うから、そこを判断基準にすべきです。全く連絡がつかなくて不安という相談がくるんですけど、2日も3日も寝てたとか……そんなわけないじゃん!って(笑)。どんなに忙しい人だってLINEくらい少しは打てるはずですよね。

ーでは、「出会いがない」と悩んでいる人に対してどう思いますか?

くじら:例えば合コンを嫌だって初めから思っちゃっている人は、確率よく相手を見つけようとしすぎ。オレは“合コンカースト”があると思っていて。一番上は「イジれる美人」、次が「イジれるブス」。その下は「イジれない美人」で「イジれないブス」といったように、この4段階になっている。合コンっていうのは、その場が楽しくないとそこにいる価値がないんです。だから、「今日はハズレ」って雰囲気だして、イジられもせず気取っていると、もうその人とは「また飲もう」ってならないじゃないですか。その場でいい人がいなかったとしても、その人たちの友達とかを紹介してくれるかもしれない。繰り返していけば、絶対いい相手に出会えちゃうはずです。とにかく合コンでは容姿どうこうより、一緒にいて楽しいか、イジりやすいかっていうのが重要!◆恋愛に一番大切なのは“維持する”ために全力を尽くすこと

ブログで恋愛相談を始めてから印象に残っていることは?

くじら:ブログだと確実に見てくれている人がいるということがわかるのが嬉しい。コメントをくれたら、それだけでモチベーションにもなります。メンタルクリニックに行っても治らなかった方が、このブログを読んで立ち直ったってメッセージをくれたこともあって。そんなこと言ってくれるんだ!ってすごく感動しましたね。今後はそう言った悩んでいる人たちを集めて、イベントもどんどんやっていきたいです。

ーくじらさんといえば、「とんねるずのみなさんのおかげでした」でのモノマネも有名ですよね。番組が終了してしまったことはやっぱり悲しいですか?

くじら:出演していたというよりは、観ていたというほうが自分の中で強くて。学生時代、どんな嫌なことがあっても、あの番組を1時間観て笑ったら、全部吹っ飛んじゃう。芸人ってすごいなって、とんねるずさんみたいになりたいと思ったというのもあるので、ついになくなってしまうんだというファンとしての衝撃が大きいです。 ただ、つい最近ある番組の打ち合わせをしていたら、ディレクターさんがモノマネのファンだったみたいで。そういうファンだった方が大人になって、一緒にお仕事できるのはありがたいですね。まあ、まさか恋愛のことで仕事するとは思ってなかったと思いますけど(笑)。

でも恋愛の格言は、昔やっていた「スターシリーズ」のモノマネに通ずるところもあるんです。必ずモノマネではキャッチフレーズを入れていたんですが、恋愛の格言を書いていると「あれ?これどっかでやったやつと似てるな」って思うことがあって(笑)。あのキャッチフレーズもほとんど自分でその人をイメージして作ったものだったので、名言とか格言みたいなものが多分好きなんですよね。

ー最後に、改めて今恋愛に悩んでいる方々へ格言を一つお願いします!

くじら:この本が出てから、サインを求められたら絶対に書く言葉があります。それは「愛にしぶとくなれ」。恋愛に悩んでいる方全員に通じるメッセージなんじゃないかと思います。大切な恋愛からは目を逸らさない。この大事な恋愛をなんとしてでも維持するんだっていう気持ちが恋愛では一番大事!オレはそう思っちゃうんだよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.