くらし情報『志尊淳“ドメキス”最終回に「すごく素敵な終わり方だなと思っています」』

志尊淳“ドメキス”最終回に「すごく素敵な終わり方だなと思っています」

2018年3月9日 17:42
 

志尊淳“ドメキス”最終回に「すごく素敵な終わり方だなと思っています」


アメーバニュース

俳優の山崎賢人が主演を務める日本テレビ系ドラマ『トドメの接吻(キス)』(通称:ドメキス)の公式アメブロが9日に更新。予想外の復活で視聴者を驚かせ、二度目のクランクアップを迎えた俳優の志尊淳ブログ限定インタビューを公開した。

同ドラマは、山崎演じる女を弄ぶナンバーワンホストの堂島旺太郎(山崎賢人、源氏名「エイト」)が、突如現れた謎の女(門脇麦)にキスをされ絶命するものの、次の瞬間には7日前にタイムリープし、死のキスまでの日常を再び繰り返すという“邪道ラブストーリー”。志尊は旺太郎の後輩ホスト・小山内和馬を演じている。

ブログでは「JOKERとして物語を掻き乱し続けた、小山内和馬志尊淳さんが先日本当の本当にクランクアップしました!」と報告。物語の前半で画面から姿を消していたことから、「まさかの速攻逮捕、最速クランクアップ、そして、まさかの復活!」とこれまでの経緯を説明した。

二度目のクランクアップを迎えた心境について志尊は、「一度目のクランクアップ後も、いち視聴者として楽しく見ていたので、戻れると聞いた時は、また和馬として生きれることが素直に嬉しかったです」とコメント。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.