くらし情報『鈴木おさむ、妻と“爆食い”した物を見つけ10年間を回想「SMAPが解散するなんて思ってない」』

鈴木おさむ、妻と“爆食い”した物を見つけ10年間を回想「SMAPが解散するなんて思ってない」

2018年7月10日 17:18
 

鈴木おさむ、妻と“爆食い”した物を見つけ10年間を回想「SMAPが解散するなんて思ってない」


アメーバニュース

放送作家の鈴木おさむがアメブロを更新し、これまでの10年とこれからの10年に思いを馳せた。

7日に、家族で東京の入谷朝顔市を訪れたと明かしていた鈴木。9日に更新したブログでその時に食べた焼きそばについて語った。10年前に来た時にも買ったという“爆盛り焼きそば”。「肉とか入ってないけど、野菜とさっぱりした味。めっちゃうまくて。なにより量がすごくて。まず、袋を両手で持たされて・・・そこに爆盛りした焼きそばを入れる。」と10年前を回想しながらお店の場所を訪ねると、昔と変わらずに売られていたといい、「10年前の記憶が蘇ってきた。うれしかったなー。」と、昔と変わらない量と味に感動した様子。
「妻も僕も爆食いです。食べる。口に詰め込むように食べる。そこも僕も妻も変わってない。」と、10年前から変わらない“爆盛り焼きそば”を、妻でお笑いトリオ・森三中大島美幸と変わらずに“爆食い”したことを報告する一方で、「だけど、笑福がいる。」と、10年の間に子どもが生まれ、10年の間に変化もあることに言及した。

そして鈴木は、「その朝顔市から、見えるのはスカイツリー。10年前はなかったな。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.