くらし情報『中村江里子、パリから帰国し隔離生活の様子を明かす「窓も開かず、廊下にも出られない」』

2021年7月9日 17:18

中村江里子、パリから帰国し隔離生活の様子を明かす「窓も開かず、廊下にも出られない」

中村江里子、パリから帰国し隔離生活の様子を明かす「窓も開かず、廊下にも出られない」


アメーバニュース

フリーアナウンサーでフランス在住の中村江里子が8日に自身のアメブロを更新。パリから帰国した際の隔離生活の様子を明かした。

この日、中村は「パリから東京への久しぶりの12時間のフライト」と帰国することを報告。「1年半ぶりに家族に会える!!という心弾む気持ちと、一体、どんな隔離時間になるのだろうという不安の入り混じった気持ち」と心境をつづった。

続けて、到着した成田国際空港の様子について「今までとは全く違う光景が目に入ってきました」と述べ、「飛行機を降りると、すぐに椅子がズラ~~~っと並べられていて、まずはそこに座ります。持参した書類や必要な書類のチェックをし、その後、チェックポイントに向かいます。PCRテストをはじめ、チェックポイントが多くあり、移動も多く・・・」と徹底した感染防止対策がされていることを明かし、「移動すればするほど、空港内に人がいないことが分かります。到着時間にもよるのでしょうが・・・・あの大きな空港がさらに大きく感じる」とつづった。

そして、隔離場所について「成田周辺のホテルが満室で、私たちをどこに隔離するのかその手配の関係で、およそ4時間半以上、空港にとどまることに」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.