くらし情報『激怒したことがニュースになった高橋真麻「ネットの辛辣なご意見も参考に」』

激怒したことがニュースになった高橋真麻「ネットの辛辣なご意見も参考に」

2018年3月10日 16:52
 

関連リンク

・『TOKIOカケル』4人で初放送 ヒロミの金言に国分ら感謝「すがりたい時期だった」
・ディーン・フジオカ、インドネシア舞台の映画出演は「父親として模範になるため」
・“雑学王”関ジャニ∞錦戸亮、みちょぱの「なんで水って流れるんですか?」に回答 やりとりが「可愛すぎる」と反響
激怒したことがニュースになった高橋真麻「ネットの辛辣なご意見も参考に」


アメーバニュース

10日、怒ったことをブログで報告した件がネットニュースになったフリーアナウンサーの高橋真麻が、ネットに書き込まれる意見について考えたことを同日更新したアメブロでつづった。

10日朝に掲載されたスポーツ新聞電子版の記事タイトルには『高橋真麻「あまりにムカつく事が」怒りぶちまけ』(日刊スポーツ)や『高橋真麻、怒りのあまり眠れず「あまりにムカつく事がありまして」』(デイリースポーツ)などがあった。

これの元ネタとなったのは、10日朝3時27分に更新された高橋のブログで「プライベートであまりにムカつく事がありましてロケ終わり、26時過ぎに帰宅してもなお怒り収まらず…寝られず…」との思いを書いていた。それから8時間後に高橋は再びブログを更新したが、この時の記事タイトルは「辛辣なご意見も参考に」というもの。

「そのコメント欄に“何にムカついたのか内容を書かないのにblogに書くな”という御指摘がありました。まぁ、それもごもっともな意見だなぁと(笑)」と高橋は書き、辛辣な意見であっても納得できるものはあるとの考えを表明。

3時27分のブログでは明かさなかった「ムカつく事」が、不快な思いをした上に責任転嫁をされたことだと明かした。そのうえで、「blogのコメント欄はとってもとっても暖かくて沢山の励ましやアドバイス皆さまのお優しさに感謝しております」とブログ読者に感謝した。

また、ネットニュースに紐づくコメントは辛辣なものが多いとしつつも参考にしていると明かし「皆さまあっての私です!」とポジティブな反応もネガティブな反応も重要だと締めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.