くらし情報『タトゥー格闘家は中国の格闘技界から追放、K-1石井館長が注意喚起』

タトゥー格闘家は中国の格闘技界から追放、K-1石井館長が注意喚起

2018年2月10日 15:38
 

タトゥー格闘家は中国の格闘技界から追放、K-1石井館長が注意喚起


アメーバニュース

K-1の“石井館長”こと石井和義氏が、8日に更新したアメブロで中国の格闘技の世界ではタトゥーが禁止になったということを報告している。石井氏は「中国の意志決定の動きは早い!17億の人民を統率する秘訣であろう」と述べたうえで、ドラッグ容認のラップがあったため政府がラップを禁止にし、韓国のTHAAD(米軍の最新鋭迎撃ミサイル)配備に対抗し、韓流スターの顔にモザイクがかかったことなどを挙げる。

これには驚きつつも、こうした意思決定の早さについては賛否は別にしても凄いと考えているようだ。そんな中国の意思決定の速さと強権発動的なのが、今回石井氏が指摘する「格闘家のタトゥー禁止令」だ。

「タトゥーも禁止となった。今後公共のイベント、電波にタトゥーが流せない。もちろん、ファイターもプロレスラーも規制ありですので、タトゥー入れてる戦士は衣服を着用となります」とのことだ。

プロレスラーであればコスチュームで隠すことができるが、基本的には上半身裸のキックボクサーや総合格闘家、ボクサーはどうなるのかについて石井氏は関心を示している。

格闘技の発展を担ってきた人物だけに、「中国の大きなマーケットで戦う希望持ってる選手は、入れ墨は禁止ですよ、ご注意ください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.