くらし情報『堀ちえみ、舌がん手術前にボイトレ「ちゃんと糧になっているし、身体が覚えています」』

2019年6月10日 16:53

堀ちえみ、舌がん手術前にボイトレ「ちゃんと糧になっているし、身体が覚えています」

堀ちえみ、舌がん手術前にボイトレ「ちゃんと糧になっているし、身体が覚えています」


アメーバニュース

今年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレント・堀ちえみが9日にアメブロを更新。家族でカラオケに行ったことを明かした。

この日堀は「夕飯の買い物をしようと、上野に到着。すると主人が、「たまにはみんなで歌でも歌おうか!」と言い出して娘彩月も、「うわぁいいねぇ行こ」と盛り上がりました」「息子楓季にも連絡をしました。」と流れでカラオケに行ったことを明かし店内の写真を公開した。

また「三時間ぐらい居ましたよ。」と食事のメニューなども続々と公開、「ごはんを食べながら順番に歌って。四月に彩月とカラオケに行った時よりも、だいぶ進歩したと思います。舌の隙間から音が漏れたりするので、一曲歌うのに物凄いエネルギーを消費。喋る時もそうだから、歌うとなると大変です。腹式呼吸で全身を使って歌うから、とてもいい運動になりますね。」と明かした。

続けて「舌癌の手術前に、何年か真剣にボイトレを先生に付いて頂き、やっていました。そんな事も全て無駄になってしまったと、一時は絶望していた自分がいました。」とつづるも「でも人生無駄な事なんて、何一つとしてない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.