くらし情報『大桃美代子、明石家さんまが娘の幼少期に気にしていた事「子供への影響を和らげるため」』

2019年10月9日 18:27

大桃美代子、明石家さんまが娘の幼少期に気にしていた事「子供への影響を和らげるため」

大桃美代子、明石家さんまが娘の幼少期に気にしていた事「子供への影響を和らげるため」


アメーバニュース

タレントの大桃美代子が8日に更新した自身のアメブロで、タレントのIMALUとの2ショットを公開した。

この日大桃は、「昨日ですが、イベントでIMALUちゃんに会えて、凄くうれしくなりました。」と2ショットを公開し、IMALUの父でお笑いタレントの明石家さんまと共演した際のエピソードを披露した。

IMALUの幼少期、さんまとともにレギュラー番組に出演していたという大桃。当時のさんまは仕事のペースを落としていたといい、そのことについて「さんまさんは「運命論者」で人生のバランスと言うものをすごく気にされていました。「まだ子供が小さいから、自分が輝くと、影が子供に出る」とおっしゃった事があり、仕事で名声を得るより、子供への影響を和らげるため、仕事のペースを落とすようにしていたのです。」と理由を説明。

続けて、「もう素敵なお嬢さんになり端正な顔立ちに、キラキラした女性になっていました。」とIMALUの成長を喜んでいる様子。また、IMALUが父を語る様子に「お笑いモンスターでもなく、芸能人、明石家さんを語ると言うより、ふつ~に話している姿見て、なんだろう、ウルウルしたの。嬉しいでもなく、悲しいでもなく、なんとも言えない感じ。」と感慨深げに述べた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.