くらし情報『ジーニー堤、アメブロ芸人部門1位に “お忍びTDL”が75人ドタキャン人間不信騒動を上回る』

ジーニー堤、アメブロ芸人部門1位に “お忍びTDL”が75人ドタキャン人間不信騒動を上回る

2018年2月11日 14:58
 

関連リンク

・小沢仁志、56歳で独立宣言 エイベックスと業務提携「絶対に負けられない戦いが始まる」
・古村比呂、抗がん剤治療が延期に「がんばれ日本 がんばれ大阪 がんばれ私」
・金爆メンバー、鬼龍院にサプライズバースデー祝い「超絶ビックリした!!」
ジーニー堤、アメブロ芸人部門1位に “お忍びTDL”が75人ドタキャン人間不信騒動を上回る


アメーバニュース

ハリセンボン近藤春菜似芸人として知られる芸人・ジーニー堤が過去最高のブログアクセス数を獲得し、アメブロの芸人部門ランキング1位になったことをブログで報告した。今回のテーマは、「お忍びディズニー」。

堤はディズニー通としても名高いが、一緒に行ったのが「くみその姉妹」や「KODAファミリー」と呼ぶ倖田來未と妹・misono及びその家族だ。

堤は「幸が不幸を超える」というタイトルでブログを更新。「幸せな記事がドタキャンの不幸な記事を上回ってくれて本当に嬉しいです」と書いたが、この「不幸な記事」のアクセスは30万だったが、今回は32万2171のアクセスがあったという。

堤は2017年12月、自身が経営する東京・町田の「海賊バルジーニーズ」で、ドタキャン被害に遭った。2階のショースペースの15人がキャンセルをし忘れ、1階の60人は連絡がつかなくなった。

コース料理のサラダと揚げ物は作ってしまったうえに、12組の予約を断っていたため堤はツイッターで「誰でもいいです。無料で良いので食べに来ませんか?食材が可愛そう」と窮状を訴えた。すると大勢の人がやってきて「1日で人間を嫌いになって、1日で人間を好きになった日」というコメントをブログに書いた。

この騒動はテレビ番組にも取り上げられ、堤は「何故逃げる方は気軽で店の対応は過度とも言える100点じゃないといけないのか。対策を求めます」と腹立ちがおさまらなかった。

そんな不幸な大騒動を、今回の倖田來未misonoとその家族とのディズニーランド行きはアクセス数で超えたというのだ。堤はディズニーランドでも「年末大変だった人」として覚えられていたこともあるようで、イメージを払拭したいと述べている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.