くらし情報『だいたひかる、病気が発覚してからの1ヶ月間でしたこと「50袋は捨てました」』

2019年12月10日 15:51

だいたひかる、病気が発覚してからの1ヶ月間でしたこと「50袋は捨てました」

だいたひかる、病気が発覚してからの1ヶ月間でしたこと「50袋は捨てました」


アメーバニュース

お笑いタレントのだいたひかるが9日、自身のアメブロを更新。病気が発覚してから50袋分の私物を処分していたことを明かした。

だいたは2016年に乳がんで右乳房の全摘手術を受け、今年3月に乳がんの再発を公表。5月16日には放射線治療を終えたことを報告している。

そんなだいたは「病気が分かって…まず最初に取りかかった」事として、大量の私物を処分した事を明かし、その理由については「まだ乳がんの知識も浅くて、がんイコール死だと思っていたので」とコメント。

続けて、処分した物について「慌てて自分の日記やら思い出の服やら物やら…(思い出に浸る時間はもはや無いのだと)着古してテロテロになっているから、肌触りが良くて、部屋着にしていた、他人から見たら捨てるに値するTシャツなどなど…」と明かした。

さらに、だいたは「当時は告知から手術まで1ヶ月ほどあったのですが、1ヶ月で50袋は捨てました」と明かしながら、「なので、このごみ袋が懐かしくて…少し前にガチャガチャで出るまで回した!お気に入りのごみ袋巾着」と小さなゴミ袋の巾着の写真を公開。

「そして、また物が増えましたが。生きていると物は増えます!生きている証拠って事で…(自分に優しく)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.