くらし情報『瀬戸康史、産婦人科の院長役に決定「命とは何なのか…改めて考えさせられる作品」』

瀬戸康史、産婦人科の院長役に決定「命とは何なのか…改めて考えさせられる作品」

2018年4月12日 17:02
 

関連リンク

・辻希美、11回目の結婚記念日「今年は新しい家族も増える」夫・杉浦太陽へ感謝
・とろサーモン久保田、結婚に向け引っ越すも…彼女と破局「いいことないですよ」
・じゅんいちダビッドソン、本田圭佑選手の活躍に安堵「僕の未来がかかっていた」
瀬戸康史、産婦人科の院長役に決定「命とは何なのか…改めて考えさせられる作品」


アメーバニュース

俳優の瀬戸康史が12日、自身のアメブロを更新。7月から放送がスタートする新ドラマ『透明なゆりかご』(NHK総合)に産婦人科の院長役で出演することを明かした。

「今年7月からNHKで放送が始まる『透明なゆりかご』に出演することが決まりました。」と報告した瀬戸。「今作は沖田X華さん原作の漫画で、町の小さな産婦人科を舞台にそこで起こる"日常"を描いた作品です。」と紹介し、「僕はそこの院長、由比朋寛を演じます。」と産婦人科の院長役で出演することを報告した。

また、原作の漫画や脚本を読み、自身がイメージしていた産婦人科とはまったく違ったという瀬戸。「産婦人科での日常というものを知り、いろいろと理解するまでに時間がかかり暫く椅子から立ち上がれなかった。」と振り返った。

瀬戸は「この作品で命の尊さを伝えたいです」とかって簡単に言えるものではなく、もっと様々な事を見てくださった方は感じるはずです。」とドラマへの意気込みをつづり、「命とは何なのか…改めて考えさせられる作品です。是非、ご覧ください。」と呼びかけている。

この投稿に「情報解禁楽しみにしていました」「瀬戸さんの医者役素敵だろうな。必ず観ます。優しい顔立ちで医者役似合う」「少し大人の役の瀬戸くんを楽しみにしています。」など新ドラマに期待する声が多数寄せられている。

『透明なゆりかご』は累計325万部超の沖田×華さんの漫画作品をドラマ化。町の小さな産婦人科医院を舞台に、ひとりの感性豊かな少女の目線で、"命とは何か"を問い、見つめてゆく物語。主演は今作品が初主演となる女優の清原果耶、このほか、女優の水川あさみ酒井若菜原田美枝子らが名を連ねる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.