くらし情報『笠井アナ、東日本大震災で出会った青年の写真に涙「言葉にならないくらい嬉しかった」』

2020年1月13日 17:17

笠井アナ、東日本大震災で出会った青年の写真に涙「言葉にならないくらい嬉しかった」

笠井アナ、東日本大震災で出会った青年の写真に涙「言葉にならないくらい嬉しかった」


アメーバニュース

元フジテレビアナウンサーの笠井信輔が12日に自身のアメブロを更新。東日本大震災で出会った青年の優しさに涙したことをつづった。

この日、「全国の成人の皆さん、おめでとうございます」と書き出し「今朝、私のラインに突然、羽織袴姿の青年の写真が送られてきました」と報告。その写真を見て驚いたといい「東日本大震災で親御さんを亡くした、当時、小学生だった」青年が成人式を迎えその写真が親族から送られてきたと明かし「言葉にならないくらい嬉しかった」と感動した様子でコメント。

笠井アナは「東日本大震災6日目」に当時小学生だった青年と出会ったといい「行方不明の親御さんを探してるところを取材させてもらったのです」と説明。その後も「取材とは関係なく自宅を訪ねて、成長の様子を伺って来ました」とつづった。しかし「笠井さんの顔を見ると、亡くなった家族のこと思い出して辛い」と親族から聞き青年のもとを訪ねることを遠慮していた時期もあったと明かした。

写真を送ってくれたことに対し「その優しさに心が震えて」「写真を見て涙が止まりませんでした」とつづり「入院して25日、こんなに泣いたの初めてでした。それは、つらい涙ではなく、うれし涙」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.