くらし情報『鈴木亮平、篤姫・北川景子と2ショット公開『西郷どん』10話の裏話も』

2018年3月12日 12:42

鈴木亮平、篤姫・北川景子と2ショット公開『西郷どん』10話の裏話も

鈴木亮平、篤姫・北川景子と2ショット公開『西郷どん』10話の裏話も


アメーバニュース

NHK大河ドラマ『西郷どん』の主演を務める俳優の鈴木亮平が、11日に自身のアメブロを更新し、同日に放送された『西郷どん』(NHK)10話の内容や、放送では使われていなかった部分の秘話などを明かした。

10話では、越前福井藩藩士である橋本左内が登場。鈴木はそれに対して「福井県は母の実家なので昔から良く行っていたせいか、「橋本左内」という名前は子供の頃から聞かされていました。まさか、将来自分が西郷隆盛さんになり、その左内さんとお江戸でコンビを組んでいくことになろうとは。人生、何が起こるか分かりませんね。」とコメントし、不思議な巡り合わせに感慨深そう。

また、「今週で最も好きなシーン」は、西郷吉之助が篤姫(北川景子)に薩摩家族のことを語るシーンとのことで、「西郷家の何気ない日常が描かれていて、ほんわかしました。」と前置きをしつつ、「あのシーンではセリフの音声は使われていませんでしたが、家族みんなで何の話をしていたかというと、「留守中に弟の小兵衛が芋を食いすぎて屁が止まらなくなり、屁で歌を歌っていた」という下ネタでした(笑)」と暴露。

鈴木によれば、実際の西郷隆盛も各地で下ネタ的なエピソードが多数伝わっているとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.