くらし情報『だいたひかる、副作用のホットフラッシュ対策明かす「汗をかいて怒られる事はありません」』

2019年6月11日 18:04

だいたひかる、副作用のホットフラッシュ対策明かす「汗をかいて怒られる事はありません」

だいたひかる、副作用のホットフラッシュ対策明かす「汗をかいて怒られる事はありません」


アメーバニュース

乳がんの再発を公表しているお笑いタレントのだいたひかるが、10日に自身のアメブロを更新。薬の副作用であらわれるという“ホットフラッシュ”についてつづった。

“ホットフラッシュ”は、一般的には女性の更年期障害の代表的な症状として知られているが、がんの治療中に環境的な暑さや身体の発熱には関係なく、突然暑くなって汗が噴き出ることがあるといい「のぼせ」や「ほてり」などの症状もあらわれるという。

この日読者から、“薬の副作用で更年期状態になっており、ホットフラッシュがひどいんです”という声が寄せられたことを明かすと、「私はノルバデックスという薬を飲んでいた頃に、カッとあつくなる事があり、放射線治療の頃は薬は飲んでいなくて、ホットフラッシュは特になくて、今度あたらしい治療で下腹部に注射を打ったら、再びホットフラッシュを体感しています」と体の状態を告白。

続けて、「汗をかいて怒られる事はありませんし、極端ですが私は死ぬより良いなと思って受け入れています!!」と前向きにとらえる姿を明かしながら、「暑くなると気になりがちですが、私はより暑いところに行って有耶無耶にする予定です冬は自力の湯たんぽぐらいに思っていますよ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.