くらし情報『猪狩ともか、事故から1年が経った心境を明かす「生きてるから何だって出来る!」』

2019年4月12日 13:15

猪狩ともか、事故から1年が経った心境を明かす「生きてるから何だって出来る!」

猪狩ともか、事故から1年が経った心境を明かす「生きてるから何だって出来る!」


アメーバニュース

アイドルグループ・仮面女子猪狩ともかが11日に自身のアメブロを更新。脊髄を損傷した事故から1年が経過した現在の心境をつづった。猪狩は昨年の4月に落下してきた看板の下敷きとなり脊髄を損傷し両下肢が麻痺。9月に病院を退院し、現在も車椅子生活を送りながらリハビリに励んでいる。

この日、猪狩は「新しい道を歩んで1年」と題したブログで「4月11日。あの日から1年が経ちました。今日もとても風が強かったなぁ」とコメント。「この1年間は本当にめまぐるしかったです」と実感を述べ、「入院生活もリハビリも、退院後の生活もお仕事も…。毎日毎日慣れないことばかりで」と振り返った。

「今でも戸惑うことはたくさん」あると明かし、「どうしようもない苛立ちを家族にぶつけてしまうこともあります」と告白。自身について「皆さんが思ってくれているような強い人じゃありません。“乗り越えた”なんてことはなくて、今までもこれからも常に向き合っていくものなんです」とつづった。

しかし続けて猪狩は「ただ、一番思うのはやっぱり「生きててよかった」ということ」と明かし、「足が動かなくなっても生きてるから何だって出来る!!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.