くらし情報『“ハマの番長”三浦大輔、『99.9』最終回に出演予告「出るでぇ~」』

“ハマの番長”三浦大輔、『99.9』最終回に出演予告「出るでぇ~」

2018年3月13日 15:54
 

“ハマの番長”三浦大輔、『99.9』最終回に出演予告「出るでぇ~」


アメーバニュース

“ハマの番長”の愛称で親しまれる、元横浜DeNAベイスターズ三浦大輔氏が13日に自身のアメブロを更新。3月18日に放送される日曜劇場『99.9-刑事専門弁護士-SEASONII』(TBS系)の最終回に出演することを報告した。

同ドラマは、2016年4月期に放送された人気シリーズの第2弾。個性的な刑事専門弁護士たちが逆転不可能と思われる刑事事件に挑んでいくストーリーで、アイドルグループ・嵐の松本潤が主人公の深山大翔を演じる。タイトルの「99.9」は、日本の刑事事件における裁判有罪率を示しており、最後の0.1%まで諦めず事実を追い求める弁護士たちの姿を描く。

ブログで三浦は「TBS日曜劇場・・・『99.9-刑事専門弁護士-SEASON 2』・・・最終話に・・・出るでぇ〜」と予告。役柄などには触れず、読者にひとこと「ヨ・ロ・シ・ク!!」と呼びかけた。

この投稿に対し「めっちゃ楽しみです!」「番長出るとか嬉しすぎます!」「絶対観ます!楽しみに週末を迎えます!!」など、ファンから歓喜の声が寄せられている。

三浦は1992年に横浜大洋ホエールズへ入団。後継球団の横浜ベイスターズ、横浜DeNAベイスターズを通じて一貫して横浜でプレーした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.