くらし情報『北別府学氏の妻、敗血症で入院中の夫の近況を明かす「着信があり目を疑いました」』

2022年7月4日 14:43

北別府学氏の妻、敗血症で入院中の夫の近況を明かす「着信があり目を疑いました」

北別府学氏の妻、敗血症で入院中の夫の近況を明かす「着信があり目を疑いました」

野球解説者の北別府学氏の妻の広美さんが4日に北別府氏のアメブロを更新。敗血症で入院中の北別府氏の近況を明かした。

6月28日のブログで、広美さんは「先日より体調が悪く、食事を摂る事もあまり話しも出来ない状態となっておりました」と北別府氏の体調について報告。「感染症からくる敗血症だそうです」と説明し「先生のお話では、今回の敗血症の山は大きくかなり体力が落ちて弱っていますとの事でした」と告白した。

一方で「もう一度必ず家に戻してあげたいと思っている次第です」とコメント。「まだ、携帯も手にしませんがまた主人が更新が出来て、皆様にご心配をいただいたお礼ができる日が来ると思います」とつづった。

7月4日に更新したブログでは「主人の近況をご報告させて頂きます」と切り出し「主人から着信があり目を疑いました」と告白。「すぐに病院に駆けつけましたところ、まだ弱々しくはありますが会話ができきました」(原文ママ)と北別府氏の状況について言及し「主人が携帯を持ち、電話をかける動作が出来たことが嬉しくてご報告させて頂きました」とつづった。

また「少しですが食事を摂ることも出来ました」と説明。「先日のご報告させて頂きました病状で多くの皆様にご心配、ご配慮を頂きましたこと心より感謝しております」と読者への感謝をつづり、ブログを締めくくった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.