くらし情報『“左の唇がおかしい”と119番 ラムゼイ・ハント症候群で「顔面の麻痺しています」』

2022年5月30日 17:30

“左の唇がおかしい”と119番 ラムゼイ・ハント症候群で「顔面の麻痺しています」

“左の唇がおかしい”と119番 ラムゼイ・ハント症候群で「顔面の麻痺しています」

片方の顔面の動きが麻痺する「ラムゼイ・ハント症候群」と闘う声優の姫野つばさ。2022年1月に唇に違和感を覚え、119番したことをきっかけに病気が発覚した経緯をブログで説明している。

■「左の唇がおかしい」と119番

ブログで「2022年1月6日(木)、雪の日の16時半頃おうちに一人でいて、お口をゆすいだ時の感覚がおかしくて自分で119番をしました」と切り出した姫野。「この時点で私は『左の唇がおかしい』と話しているのですが、実際に麻痺が見られたのは右側でした。右、全然普通に動かしてるつもりだったのに…」と回想。

「家族の電話番号も自分の電話番号もスラスラ言えていて、ここ数日の経緯もめちゃくちゃハッキリ覚えて話していたので脳のトラブルの可能性は、救急隊の方としても【微妙なライン】と踏んでいるようでした」と救急車内での様子をつづった。

【画像】姫野つばささん


■「ラムゼイ・ハント症候群」と明かす

2月6日のブログには、「1月6日の緊急搬送から、丁度一ヶ月経ちました」とつづり、「その日が発症日になるこの病気は、『ラムゼイ・ハント症候群』と言います」と病名を明かした。

続けて「簡単に言えば水痘帯状疱疹ウイルスが悪さをして、顔面神経がやられちゃう病気です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.