くらし情報『一生つきまとうがん再発の不安「骨転移していた時の痛みに似た腰痛」』

2022年5月25日 17:00

一生つきまとうがん再発の不安「骨転移していた時の痛みに似た腰痛」

一生つきまとうがん再発の不安「骨転移していた時の痛みに似た腰痛」

38歳の時、不妊治療中に乳癌が発覚したという井出久日子さん。ブログ「乳がんステージ4からの復活」には、がん検診を毎年受診していたにも関わらず、リンパ、背骨、頭蓋骨に転移しておりステージ4と宣告されたこと、6年半抗がん剤治療を続け、がんがなくなったことをつづっている。

■いつも心のどこかにある不安

4月14日に更新されたブログ では昨年末に抗がん剤治療をやめて、ホルモン剤の内服のみの治療に切り替えていたことを報告。「ちょっと弱音」という書き出しとともに、骨転移していた時の痛みに似た腰痛やだるさを感じていることを明かした。「いつも心のどこかである」という再発への懸念について「この不安というのは一生つきまとうんでしょうね」と心境をつづった。

【画像】井出久日子さん


■CTの検査結果は

その後、5月10日に更新されたブログでは8年目になるというCTの検査結果を公表。「特に問題なし!!でした」「骨転移も消えたままです」と再発していなかったことを明かした。その他「肺には結節もありますが」とつづるも「大きくもなっていないので経過観察です」とひとまず安心できることを報告した。

【画像】井出久日子さん

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.