くらし情報『検査を受け悪性腫瘍とほぼ確定「もう覚悟するしかありませんでした」』

2022年6月27日 22:49

検査を受け悪性腫瘍とほぼ確定「もう覚悟するしかありませんでした」

検査を受け悪性腫瘍とほぼ確定「もう覚悟するしかありませんでした」

シンガーソングライターの杉浦貴之さんは、22年前、28歳のときに肝臓の希少がんを患い、余命は「早くて半年、2年後の生存率0%」と告げられたという。そんな杉浦さんのブログ「2年生存率0%を生き抜いて」は、発病当時の様子を振り返る形でつづられている。

■ほぼ間違いなく悪性腫瘍と診断

ブログで22年前を振り返り「『実は良性だった』そんな言葉が出ないかと、検査を受けるたびに期待していました」とつづった。しかし、手術前最後の血管造影検査の結果「ほぼ間違いなく、悪性腫瘍」と診断されたことを明らかにし「もう覚悟するしかありませんでした」とコメントしている。

【画像】22年前の杉浦貴之さん


■手術は成功するも痛みに襲われ

1999年10月14日のことを振り返ったブログで「手術は無事に成功」したことをつづり「左腎臓全摘、リンパ節郭清手術でした」と明かした。続けて「手術で麻酔が効いたまま逝けたら…見守る両親を前に、そう一瞬でも考えてしまった自分を恥じました」とコメント。その後、強い痛みに襲われ「ナースコールのボタンをゲーム機のように連打し、麻酔の注射を懇願」したことを明かし「これも生きている証かぁ…」と実感した様子をつづっている。

【画像】シンガーソングライター杉浦貴之さん

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.