くらし情報『6か月検診でダウン症の娘の笑顔を見て泣いたスタッフに言われたこと』

2022年5月26日 10:56

6か月検診でダウン症の娘の笑顔を見て泣いたスタッフに言われたこと

6か月検診でダウン症の娘の笑顔を見て泣いたスタッフに言われたこと

18歳のダウン症モデルの菜桜(なお)さんの母・由美さんがつづるブログ「Angel Smile」には、出産直後に「染色体異常(ダウン症)の可能性があると言われても受け入れられなかった」という本音や菜桜の病気や成長、そしてモデルとして活躍する姿がつづられている。

■6ヶ月検診へ

4月29日に更新されたブログには、菜桜さんが6ヶ月の際、「誕生日の近い子達が集まり計測や栄養&歯科相談の検診」に行ったことを振り返った。「昨日まで行くかどうかすごく悩んだ私 同じ年の子に会うのが辛かった…」と複雑な心境だったことを明かし、「みんな健康な子ばかり羨ましくなり落ち込むのは目に見えていた」とつづった。しかし「菜桜が一番可愛かった!!親バカでごめんなさい」と続け、「そんな風に思えた自分に拍手」とコメント。「全員のママさんも我が子が1番ってそう思っているはず 我が子が1番」とつづった。

【画像】生後6か月の時の菜桜さん


■娘の笑顔を見て泣いたスタッフ

同日に更新したブログでは、6ヶ月検診を回想し、「今までの病状の話私の今の思いなどを聞かれ素直に答えた」ことを明かした。すると「スタッフさんを見たら泣いてました」「私の思いそして菜桜の無邪気な笑顔を見ていて涙が出てきてしまったとのこと」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.