くらし情報『発達障害だとは思っていなかった頃「初めて『おや?』と思ったのは1歳6ヶ月健診の時」』

2022年6月27日 14:12

発達障害だとは思っていなかった頃「初めて『おや?』と思ったのは1歳6ヶ月健診の時」

発達障害だとは思っていなかった頃「初めて『おや?』と思ったのは1歳6ヶ月健診の時」

声優の井ノ上奈々は、自閉スペクトラム症とADHDという発達障害を持つ息子と同じく声優の夫・市来光弘との暮らしをブログにつづっている。

■「初めて『おや?』と思ったのは1歳6ヶ月健診の時」

「うちの子って、こんな子。①」と題されたブログには、息子が4歳2ヵ月の時に受けた発達検査で「自閉スペクトラム症、ADHD、境界知能と診断」されていることを明かした。成長に関して「同じ歳の子よりもちょっとゆっくり」だとつづり「初めて『おや?』と思ったのは1歳6ヶ月健診の時」だったことを振り返った。

「偏食がひどくて、少ない食材からしか栄養を摂れていません」と相談したところ「心理士さんとの話では今の状況に至る兆しが見え始めました」と明かした。

【画像】ピースをする井ノ上奈々さんの息子


■発達障害とは思っていなかった頃

ブログで2歳ごろの様子を振り返り「この頃はまだ、発達障害とは思っていなくて」と明かし「成長がゆっくりな子」だと認識していたという。その理由について「私が本で読んだことのある発達障害の子ってもう少し特性がはっきりしていたから」とつづり「息子のように、ただ言葉が遅れているだけの(ように見える)子が当てはまるなんて、私の知識にはなかった」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.