くらし情報『2歳で自閉症と診断された息子「勘違いしていた」』

2022年6月26日 11:06

2歳で自閉症と診断された息子「勘違いしていた」

2歳で自閉症と診断された息子「勘違いしていた」

著者・講演家として活動している立石美津子さん。ブログ「発達障害の子もそうでない子も幸せになるテキトー母さんのすすめ」では、自閉症である息子との生活をつづっている。

■自閉症と診断された息子

23日のブログでは息子が自閉症と診断された時のことを振り返った。生後3ヶ月の頃は「私が見ると目を合わせ、笑い返してくれた」として首の座りも早かったが、その2年後に自閉症であると診断されたと説明。

立石さんは過去に自閉症の子と接した経験があり、症状についても知識はあったが「重度の子ばかり」だったため息子の症状には気が付けず「勘違いしていた」と明かした。

【画像】2歳当時の立石さんの息子


■自閉症の子とそうでない子の違い

24日のブログでは今年21歳になる息子の写真を公開。自閉症の子とそうでない子の「0歳後半の時期」頃の違いについてつづり、息子にはなかった行動として「指さしをする。」「言葉は喋れないが表情で訴えてくる」などを挙げた。

【画像】21歳になった立石さんの息子

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.