くらし情報『渡辺裕太、父・渡辺徹さんが遺してくれたもの「一緒に続きをやりたかった」』

2023年12月3日 16:22

渡辺裕太、父・渡辺徹さんが遺してくれたもの「一緒に続きをやりたかった」

渡辺裕太、父・渡辺徹さんが遺してくれたもの「一緒に続きをやりたかった」

タレントの渡辺裕太が2日に自身のアメブロを更新。2022年11月28日に敗血症のため亡くなった父で俳優の渡辺徹さんが遺してくれたものについてつづった。

この日、裕太は「朗読劇『続・家庭内文通』今日岩手公演が無事終演。これにてこのお芝居は終わり」と徹さんの追悼企画『続・家庭内文通』の公演が終了したことを報告し「作品を作ったからには多くの方に見てもらいたい思いなので、今回は東京だけじゃなく、日頃お世話になっている色んな地域の方々に少しでも楽しんで頂けたならとても嬉しいです」とコメント。「今日のアフタートークでの写真。テレビ岩手の宮本アナウンサーと、日本テレビ藤井貴彦さんもご一緒に!」と公演での写真を公開し「たくさんの感想を頂いて、とても華やかに温かくこの舞台を締めくくってくださり、本当にありがとうございました!」と感謝をつづった。

続けて「テレビ岩手アナウンス部から岩手ソウルフードの福田パン!」と頂いたパンの写真を公開。「あのー、この、『福田パンに愛をはさんで』は、誰が考えたんですか?」と述べ「最高だ!」と嬉しそうにつづった。


また『続・家庭内文通』について「父が残してくれたこの作品。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.