くらし情報『秋野暢子、腕が“針穴だらけ”になった大変な検査「看護師さんもドクターも焦らせてしまった」』

秋野暢子、腕が“針穴だらけ”になった大変な検査「看護師さんもドクターも焦らせてしまった」

秋野暢子、腕が“針穴だらけ”になった大変な検査「看護師さんもドクターも焦らせてしまった」

女優の秋野暢子が21日と22日に自身のアメブロを更新。腕が“針穴だらけ”になった大変な検査についてつづった。

2022年6月に判明した食道がんが2023年に寛解したことを報告していた秋野は21日のブログで「3ヶ月に1回の検査です」と明かし「血液検査」について「今日の看護師さんはとってもお上手で一発でとってくれました。これは幸先いいですよ」とコメント。「そして、造影CT検査に内視鏡検査と続きます」と説明した。

続けて更新したブログでは「CTの造影剤が漏れた!」と述べ「ちゃん血管に刺さってなかったのね。これは痛いわぁ~そして、腫れちゃいました」(原文ママ)と自身の腕の写真とともにコメント。「とりあえず冷やしてます」といい「血管が出にくいのはマジまいる」とつづった。


22日のブログでは「昨日は大変でした」と明かし「私の細~い血管が原因で検査がバタバタ?」「上手く検査出来たのは最初の血液検査だけ」だったことを説明。「内視鏡検査では、4回場所かえてさしても血管確保できず」「腕は針穴だらけ いた~い」とつづった。

最後に「サバイバーとしては必ず3ヶ月に1回の、のがれられない検査」と述べ「もう少し辛くなくできないかと我が血管に恨み節です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.