くらし情報『ジャーサラダの持ち運びは危険かも?これからの季節は温野菜弁当に!』

2015年5月10日 16:31

ジャーサラダの持ち運びは危険かも?これからの季節は温野菜弁当に!

ジャーサラダの持ち運びは危険かも?これからの季節は温野菜弁当に!

ジャーサラダの持ち運びは危険かも?これからの季節は温野菜弁当に!

ビンの中にいろどりよく野菜を詰めこんだ「ジャーサラダ」がブームとなっていますが、これからの季節は食中毒が気になるところ。気温の上昇や梅雨による湿気などによって細菌が繁殖しやすいため、生野菜を中心としたジャーサラダは衛生管理が難しくなります。 お弁当として持ち歩いていた方は、涼しい季節になるまで中断した方が安心でしょう。しかし、野菜たっぷりのヘルシーなお弁当は、できれば継続したいもの。そこでおすすめなのが、温野菜弁当です。 作り方はとても簡単。ブロッコリーやニンジン、カボチャ、じゃがいも、さつまいも、パプリカなどお好みの野菜を下処理し、一口サイズにカットしたものを柔らかくなるまでレンジで加熱するだけ。エビやチキンなどを加える場合は、十分に加熱しておくことが大切です。オリーブオイルと塩こしょうで味付けをすれば、素材の味が引き立ち、おいしくいただけます。 いろどりを考えて食材を選べば、ジャーサラダと同様に見栄えよく仕上げられます。手間をかけずに安心して食べられるヘルシー弁当、ぜひ試してみてはいかが?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.