くらし情報『兄は障害者…家庭内暴力から一転、突然引きこもりに。#5』

兄は障害者…家庭内暴力から一転、突然引きこもりに。#5

2018年3月11日 21:00
 

“私の兄は、障害者”。見て見ぬ振りして、直視できない現実を避けるように生きてきた、妹目線の連載です。 暴力的だった兄は、次第に家から出ない状態に変化していきました。

文・心音(ここね)

【兄は障害者】vol. 5

高校退学後、兄は急に内向的になった

目次

・高校退学後、兄は急に内向的になった
・2階にある兄の部屋は、孤立していた
・自分が撒いた “種” は、荒れ果てていた
兄は障害者…家庭内暴力から一転、突然引きこもりに。#5


大声をあげながら夜中に帰ってきたり、学校では “ヤンキー系” でヤンチャをしたりしていた兄。しかし、高校を退学させられた後は、だんだん世の中のギャップに気づきだしたのか、家から出ない日々が続きました。もちろん、中卒扱いで働く場所もない。外に出れば、好奇の的。だからといって、新しい予備校に行くという意欲もない……。

母は「中学生までは、自慢の子供だった」と言います。運動神経が良く、足も速くていつもリレーの選手。ルックスもよくてオシャレが好きだった兄は、ファンクラブができるほど人気だったからです。それだけに、急に高校からいなくなった “人気者で目立つ兄” の噂は、瞬く間に広がっていきました。そして、自分の悪事に対して後から反省し始めたのか、兄は知り合いに合うたびに引け目に感じるようになっていきました。

2階にある兄の部屋は、孤立していた

兄は障害者…家庭内暴力から一転、突然引きこもりに。#5


両親は、兄の将来を考えて進路を応援する取り組みをしていましたが、兄は乗り気ではありませんでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.