くらし情報『「猫が顔を洗う」と雨? 気象予報士が天気のウソ&ホントを解説!』

2017年7月10日 22:00

「猫が顔を洗う」と雨? 気象予報士が天気のウソ&ホントを解説!

昔からよくいわれている、翌日の雨を予想する都市伝説的なあれこれ。信憑性アリなら天気痛の対策に役立てられるかも。気象予報士・天達武史さんにお話をうかがいました。

「猫が顔を洗う」と雨? 気象予報士が天気のウソ&ホントを解説!

「明日は雨?」天気にまつわる諸説のウソorホント。

【朝焼けの翌日】

→ホント。
「これが比較的当たるのは、春から秋にかけて。朝焼けということは東の空が晴れているということ。つまり、晴天がそろそろ過ぎて、西から雲が近づいてきている印」(気象予報士・天達武史さん)

【靴を飛ばして表向きが晴れ、横向きが曇り、裏が雨】

→ウソ。
「これは本当に単なる迷信ですよね。きっと江戸時代とか天気予報がまだ確立していなかった時に、一般の人が遊びの中で天気を占おうとしたんだと思います」

【茶碗からご飯つぶが取れやすい】

→どちらともいえない。
「これは湿気が多いことを表していて、その意味では翌日雨といえそう。ただ、現代は空調の効いた室内でごはんを食べるので、現実的に湿気の影響を考えると△」

【飛行機雲が消えずに残る】

→ホント。
「飛行機雲がずっと残っている時って、上空の湿気が多くなっているんです。雲は上空の高いところからできるので、それが消えないということは、天気は下り坂」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.