くらし情報『アラサー女子「あるある」ばかり! マンガ『かよちゃんの荷物』に共感』

2017年7月24日 22:00

アラサー女子「あるある」ばかり! マンガ『かよちゃんの荷物』に共感

アラサー女子のゆるふわな日常を描く雁須磨子さんのショートコミック『かよちゃんの荷物』。

アラサー女子「あるある」ばかり! マンガ『かよちゃんの荷物』に共感

アラサー女子のゆるふわな日常に、共感必至のショートコミック。
アラサー女子が主人公を務めると、とかくヒリヒリした展開になりやすいのがフィクションの世界。結婚やキャリアなどの悩みが切実すぎる分、やむなしではあるけれど、もっと肩の力を抜いて読めるマンガとかないのかな…と思う女子たちにオススメしたいのが、雁須磨子さんの『かよちゃんの荷物』。完結から6年ぶりに、描き下ろしエピソードを加えて復刻したエバーグリーンな作品だ。

「最初は、かよちゃんたちの10年後を描こうと思っていたんですが、周囲から『40歳になったかよちゃんたちの日常なんてしょっぱいかな』と言われまして(笑)。結局、地続きの作品に。あまり変わっていない彼女たちと会えて楽しかったです」

主人公のかよちゃんは、ぱんぱんに膨らんだバッグを提げて歩く30歳。「転ばぬ先の杖」という名の野心(いつか体調を悪化させた男性に薬などをあげて運命の出会いを釣る)を詰め込んだバッグの中身は、ケータイやお財布、化粧ポーチなどマストアイテムの他、数種類の薬など。さらに、万華鏡やヘアピン1ダースなど「いまそれいる?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.