くらし情報『心の琴線を震わせる感涙の実話!『奇跡のひと マリーとマルグリット』』

2015年6月9日 16:00

心の琴線を震わせる感涙の実話!『奇跡のひと マリーとマルグリット』

映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』

映画『奇跡のひと マリーとマルグリット』

19世紀末に実在した“もうひとつ”のヘレン・ケラー物語とも言われている三重苦の少女とある修道女を描いた真実の物語『奇跡のひと マリーとマルグリット』。新たな感動作が時を越えて誕生しました。

生まれつき目も耳も不自由な少女マリーは、教育を一切受けられずに育ち、まるで野生動物のような振る舞いで誰にも心を開かず、一人の世界に生きていた。そんななか、フランスのポアティエにある修道院に連れて来られたマリーは、修道女のマルグリットと運命的な出会いをする。

マリーの放つ強い魂の輝きに導かれ、使命を感じたマルグリットは、病を抱えているにも関わらず自ら教育係を志願することに。魂と魂が激しくぶつかりあう戦いのような日々だけが過ぎてゆき、諦めかけていたその時、何一つ知らなかったマリーに奇跡が起きる。徐々に言葉を理解し生まれ変わっていくマリーと無償の愛を注ぎ続けるマルグリットは強い絆で結ばれていた。
しかし、そんな二人には避けられない別れのときが刻一刻と迫っていたのだった……。

今回マリーを演じたアリアーナ・リヴォアールは、ジャン=ピエール・アメリス監督によって見いだされ、本作で映画デビュー。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.