くらし情報『外反母趾はヒールのせいじゃない!? 自宅でできる簡単改善法』

2017年10月24日 07:00

外反母趾はヒールのせいじゃない!? 自宅でできる簡単改善法

ハイヒールやキツい靴を履いていることで、骨に無理がかかり外反母趾に…と思っていたら、実はそれ、大間違い!カサハラフットケア整体院院長で外反母趾・浮き指研究家の笠原 巖先生に詳しいお話と改善法をお聞きしました!

今や女性だけでなく世代を超えた悩みの種!
「外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がってしまう状態のこと。原因は、足裏の横アーチを支える中足関節のゆるみ。それにより親指の踏ん張る力が弱くなり、歩くときに親指が小指側に押され曲がり、さらに親指が90度以上反る人は“浮き指”でもあります。いずれも膝、腰、首の痛みや不調を起こすので、要注意」

実はこれ、ハイヒールや先の細い靴が原因ではないと、笠原先生。

「原因は足の関節を支える足底筋群の筋力低下。小さい頃から靴で足を守りすぎたため、筋力が育っていないんです。足底筋群を鍛え、関節を締める努力をしましょう」
今すぐCheck!
外反母趾は、親指がどのくらい内側に入っているか、角度を見る。浮き指は足の指をグッと曲げて。

たった15度で外反母趾の危険信号が点灯!

外反母趾はヒールのせいじゃない!? 自宅でできる簡単改善法


親指が小指側へ約15度以上曲がるのが目安。30度以上は足の問題だけにとどまらず、体にも悪影響が起こることも。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.