くらし情報『太賀「ブレーキをかけてた」青春時代を明かす』

2017年10月29日 20:00

太賀「ブレーキをかけてた」青春時代を明かす

『ゆとりですがなにか』に続き、映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』が2本目の主演作となった太賀さん。作品のみどころを伺いました。

太賀「ブレーキをかけてた」青春時代を明かす


「『ほかのシーンのことは考えずに目の前のことだけに集中して演ってくれればいい。それがいちばん又八(またはち)っぽい』という監督の言葉が指針になりましたね。監督もまだこれが何本目かだし、僕もそこまで主演作があるわけではないから、楽しんでやれればいいなと思いました」

『ゆとりですがなにか』の“ゆとりモンスター”で強烈な印象を残した太賀さん。2本目の主演映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』は、卒業を目前に控えた4人の高校生を描く早見和真の同名小説が原作。又八、ジン(中村蒼)、ジャンボ矢本悠馬)の3人は、免許取りたての又八の運転であてのない旅に出てしまい、1人残された中田(染谷将太)は計画していた卒業ライブのために黙々とギターの練習を続ける。海外でも注目される廣原暁監督のもとに、気になる顔ぶれが集まってユニークな青春映画が誕生した。

「又八はすごく直感的で、面白そうだと思ったことに貪欲。細かいことを気にせずにのびのびやることが彼らしさなのかなと。矢本くんも蒼くんもすごく柔軟で、どんなことにも対応してくれるし、僕もふたりから生まれてくるものに応えるようにして。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.