くらし情報『無駄な脂肪ナシ! “3代目山の神”神野大地の彫刻のような体』

2017年10月25日 16:00

無駄な脂肪ナシ! “3代目山の神”神野大地の彫刻のような体

筋肉がプロフェッショナルを物語る!!陸上の神野大地さんが磨き上げられたカラダをカメラの前で披露、またそのカラダの秘密を教えてくれました。

しなやかな腕を振り、目指すは東京オリンピック。
無駄な脂肪ナシ! “3代目山の神”神野大地の彫刻のような体


’15年の箱根駅伝で、箱根の山を登る第5区で区間新記録を打ち立て、“3代目山の神”と呼ばれたのが、神野大地選手だ。

「もともと野球をやっていたんですが、背が伸びず、中学でクラブチームに入ったけれど、レギュラーも取れなくなって…。中学2年の時、僕の野球人生における限界を感じました。野球をやりながら、学校の部活では陸上をやっていたので、野球をやめて、陸上に専念することにしたんです。とはいえ、その頃の僕は全然速い方じゃなくて。箱根を走るレベルの選手って、中学時代にすでに1500m走で3分台が当たり前なんですが、僕はなんと5分4秒(笑)。でも、練習を重ねると必ずベストタイムが更新できたので、“陸上は、努力すればちゃんと結果が出るスポーツなんだ”と感じて、その面白さにのめり込んでいきました」

神野さんのカラダは、とにかく細く、削ぎ落とされたラインが印象的。無駄がなく、彫刻のように美しい。このカラダに42km強という長距離を走れるスタミナがあるのが、とても不思議。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.