くらし情報『【実は女ったらし!?】あの「考える人」作者ロダンの隠された愛の生活とは?』

2017年11月9日 20:00

【実は女ったらし!?】あの「考える人」作者ロダンの隠された愛の生活とは?

仕事や恋愛への情熱が人を突き動かす原動力ではあるものの、人生においてはそれが苦悩の種になることもしばしば。そこで、そんな思いを経験したことのある女子にオススメしたいのは、芸術と愛に人生を捧げたひとりの天才彫刻家の半生を描いた注目作。それは……。

没後100年記念作品となる『ロダンカミーユと永遠のアトリエ』!

目次

・没後100年記念作品となる『ロダンカミーユと永遠のアトリエ』!
・フランスが誇る名匠ジャック・ドワイヨン監督!
・本作を演出するうえで、こだわったところは?
・では、監督から見たロダンはどのように感じましたか?
・ロダンにとって創作の源は女性への愛ですが、監督も共感するところはありますか?
・そんなふうに昔から女性に対しての意識は強いほうだったのですか?
・ロダンの奔放な愛も描かれていますが、日本の女性にどのように受け止めて欲しいかメッセージをお願いします。
・知られざる真実から愛と人生の意味に迫る!
・胸を打つ予告編はこちら!
・作品情報
【実は女ったらし!?】あの「考える人」作者ロダンの隠された愛の生活とは?


【映画、ときどき私】 vol. 123

1880年、長い下積み生活を送っていた彫刻家のロダンは、初めて国から大きな仕事を発注され、精力的に創作活動に取り組んでいた。完成すればパリに建設予定の国立装飾美術館の庭に設置される壮大なモニュメントになることが決まっていたが、思うように構想がまとまらず悩める時期を過ごすことに。

そんなとき、美しく優秀な弟子のカミーユ・クローデルと出会ったロダンは、内縁の妻であるローズがいるにも関わらず、カミーユに夢中になってしまう。師弟関係を越えて愛し合ってはいたが、ロダンは2人の女性の間で優柔不断に揺れ動くことになる。さまざまな葛藤と苦悩を抱えたロダンを待ち受ける運命とは……。
【実は女ったらし!?】あの「考える人」作者ロダンの隠された愛の生活とは?


「考える人」をはじめ、日本でも高い人気を誇る彫刻家のロダン。その名を知ってはいても、彼が送った波乱に満ちた人生については、まだまだ知らないという人も多いはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.