くらし情報『俳優・橋本淳が「いまも時折思い出すくらいです」と言うほどのダメ出しって?』

2017年12月2日 11:00

俳優・橋本淳が「いまも時折思い出すくらいです」と言うほどのダメ出しって?

人気劇団、城山羊の会の1年ぶりの公演『相談者たち』。出演者の吹越満さんと、橋本淳さん、作・演出の山内ケンジさんの鼎談を行いました!

普通に見えるのにどこかが変!?シュールでユーモラスなセリフ劇。
俳優・橋本淳が「いまも時折思い出すくらいです」と言うほどのダメ出しって?


男と女の理性という建前と本音の部分(主に下半身)とを、時にシュールに、時にバカバカしくユーモラスに描き出す城山羊の会。人気劇団の1年ぶりの公演は男と女の“別れ”がテーマ。

橋本:
山内さんの作品は、予想だにしない斜め上を行く展開だったり演出だったり、毎日この先どうなるかがわからない面白さがありますよね。

吹越:
うん。稽古していても、どこかに爆弾が埋まっているような感じがあるんですよね。今回も、なんかなさそうなのに…ある、じゃない?

橋本:
(笑)。ありますね。

吹越:
気づかないくらい微弱の不条理な電流が要所要所に流れていて、一見普通なのに、すごく変っていう。

山内:
今回はとくにミニマリズムを目指して、余計なドラマティックなことはなるべく削っております。普通なんだけど微妙に変っていう会話が、だらだら続くのを面白くすることに挑戦しているわけでございます。

橋本:
…まあ、いまは面白くなりそうな予感はあるんですが、互いの絶妙な空気感で笑いになっていくものなんで、ここから全員で微調整しながら作っていくことになるんだとは思うんですが…ねぇ、吹越さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.